子ども110番の保険代理店スタート

 日本損害保険代理業協会(日本代協)が新たな社会貢献活動として、助けを求めてきた子どもを保護し、警察等へ通報する「子ども110番の保険代理店」活動を開始した。県内は和歌山代協加盟の180店、日高地方も和歌山代協日高支部(小松一也支部長)の全7店が参加。店の玄関などに目印のステッカーを張り、地域の子どもを守る活動がスタートした。
 自動車、火災等の損害保険代理店の全国組織、日本代協と各都道府県代協はこれまでも社会貢献活動として、災害ハザードマップの普及や子どもたちが作る「ぼうさい探検隊マップ」の取り組みなどを支援。全国的に登下校中の児童・生徒を狙った凶悪事件、わいせつ事案が後を絶たないなか、今回は新たなボランティア活動として、助けを求めてきた子どもを保護し、警察や家庭、学校へ通報・連絡する「子ども110番の保険代理店」事業をスタートさせた。
 日高地方は御坊市野口の㈱アシスト(東照良代表)、同市湯川町小松原の㈱グッドワン保険(中村英貴代表)、同市湯川町財部の㈱サンキョー保険(清水実代表)、㈱豊実(天野憲一代表)、同市藤田町吉田のハートプラン(大江敏之代表)、美浜町和田の㈱小松(小松一也代表)、同町吉原の㈱永楽屋(永楽務代表)の各店が参加。県警が20年前から始め、県全体で1万5000カ所以上ある「きしゅう君の家」と同様、地域ぐるみで子どもたちを見守り、安全を守っていく。
 日高支部の小松支部長(61)は自身の店舗も小中学生の通学路のすぐ近くにあり、「日高地方でも声かけやつきまといなどの不審者事案は多く、そうした危険から子どもたちを守るのは私たち大人の責任です。この新たな取り組みが子どもたちの危険を減らし、地域の安全確保に寄与できればと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る