憧れの新聞記者へ

 ランドセル素材などに幅広く使用されている人工皮革「クラリーノ」を製造・販売する化学メーカー、㈱クラレ(本社=東京都)が今春の新小学1年生とその親に行った「将来就きたい職業」についてのアンケート結果がニュースリリースされた。
 興味深く見てみたところ、子どもたちが将来就きたい職業の1位は男の子「スポーツ選手」、女の子「ケーキ屋・パン屋」。いずれも調査開始以来19年連続という。内訳はサッカーが57・7%で圧倒的な人気。以前、サッカーと並んでいた野球は17・8%で過去最低のよう。世界的にメジャーで人気がある方に憧れが向いているということだろうか。
 話を戻すと、男女とも人気が高まっているのが警察官。いずれも過去最高となり、このほか男の子はゲーム関係、女の子は獣医師が前年と比べて大きく順位を上げている。看護師は女の子で10年ぶりにベスト3入り。残念ながらと言おうか、記者は男女ともトップ20圏外だった。
 先日も千葉で記者が取材を断った住民宅の壁を蹴って騒ぎになったばかり。教育されないと「やってはいけない」と分からないのだろうか。記者は時として鋭く追及しなければならない職業だが、事件と直接関係ない相手にこのような態度を取るのは問題外。1人の愚行が会社や業界全体のイメージをダウンさせる。本紙のような地方新聞の場合エリアが限られている上、取材対象や読者との距離は密接。良い行いも悪い行いも、すぐ評判に反映される。もちろん取材対象や読者には子どもも含まれ、大人として胸を張れる行動は当たり前。いま一度襟を正しつつ、記者が憧れの職業になるよう格好いい仕事がしたい。     (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る