性暴力被害の減少へ

 先日、御坊ロータリークラブの例会の卓話で、澤法律事務所(和歌山市)の弁護士澤尚美さんから性暴力被害者のためのワンストップ支援センター「性暴力救援センター和歌山 わかやまmine」について聴いた。
 通常、性暴力被害を受けた女性は産婦人科で緊急避妊薬の処方を受けたり、けががある場合は外科、精神的被害がある場合は精神科、警察への通報、弁護士への相談など、しなければならないことがたくさんあり、またそれらの知識も必要になる。センターはそういった手続きや相談を1カ所で受け、対応を支援する。わかやまmineは県立医科大学附属病院内に拠点を置いているため、緊急避妊薬の処方や外科などの手配を迅速に行うことができるほか、警察へ通報しない場合でも将来的なことを考え証拠採取をすることができる。
 吉澤弁護士によると、相談件数は電話、来所合わせて25年度97件、26年度は311件、27年度482件と増加。被害者の半数以上が10代であること、加害者のほとんどは被害者と顔見知り、配偶者や交際相手からの被害もあるという。
 卓話で気になったのは性的事件の被害者の警察への申告率が18・5%(平成24年犯罪白書)で、強姦事件では4・3%と非常に少ないことだ。被害に遭っても誰にも打ち明けれない人が多い。繊細な問題なため気持ちはわかるが、同様の被害を減らすためにも警察への連絡は必要。そのためにもこういったセンターの役割は大きい。まだまだ紀南地方での知名度は低いが、多くの人に周知してもらい、被害者のサポートとともに犯罪の抑止力としての効果も期待したい。わかやまmineへの相談は℡073―444―0099。 

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る