他地域に問題解決のヒント

 大型連休のゴールデンウイークが始まる。カレンダーをみると、初日の29日が昭和の日、30日が日曜日でまず2連休。5月1・2日は平日だが3日が憲法記念日、4日がみどりの日、5日がこどもの日と3連休があり、6・7日の土日を合わせ2連休プラス5連休というのが一般的ではないだろうか。せっかくの大型連休、いつもの休日とは違う楽しみ方で過ごしたいものだ。
 「家でのんびりと過ごす」「連休中も普段通りの仕事」という読者もおられるかもしれないが、キャンプ、里帰り、買い物、旅行などとどこかに出掛けることを予定している人も多いのではないだろうか。お出かけは日頃の生活と異なる体験ができたり、普段とは違う食べ物を味わったりすることができる機会。4月から始まった新年度の疲れを癒やしリフレッシュにもつながる。
 日高地方から離れて違った土地に行くと、いままで知らなかった新しい発見もある。例えば、観光地だと変わった土産物があったりするし、筆者の場合だと、その土地の地方新聞にも興味を持つ。記事の内容や紙面の組み方などに違いを感じることがある。そういう体験は人それぞれだと思うが、誰にでも多かれ少なかれ似た経験があるのではなかろうか。
 現在、日高地方にはさまざまな問題や課題が山積する。大きなところで言うと、人口減や経済面の衰退など。身近でも仕事や日常生活などで少なからずは困っていることがあるのではなかろうか。他地域に出向いた時、もしかしたら改善のヒントを得ることができるかもしれない。そして、少しでも地域や普段の生活に生かしてより良くし、旅先から帰ったら「やっぱり我が家、我が地域が一番ええわ」という言葉が自然と口から出るようにしたい。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る