心を支え合うがんサロン

 同じ境遇の人同士が不安や悩みを語り合い、少しでも安らげる場になれば。そんな思いでスタートした日高病院のがんサロンが開設から4年目を迎えた。毎月1回、第3木曜の午後2時から。治療中の患者や現在は回復した人、家族をがんで失った人らが参加している。
 国が新たながん対策推進基本計画の策定に向け、素案を示した。日本人のがん死亡率は減少しているものの、検診受診率は先進国の中ではまだまだ低く、次期計画では検診で問題が見つかった人の精密検査受診率を90%に高めることを目標にするという。
 死亡率を下げるには当然、予防が第一ではあるが、さまざまな要因が重なり発症するがんを確実に防ぐことはできない。次期計画では予防、医療の充実と並ぶ柱に「がんとの共生」を掲げ、その重点課題に「診断時からの緩和ケア」が盛り込まれる。
 がんは早期発見すれば確実に治り、適切な治療を行えば、完治せずとも普通に日常生活を過ごせる「慢性病」に変わりつつあるともいわれる。とはいえ、告知を受けた患者の衝撃はとてつもなく大きく、精神面の回復を支えるケアが重要となる。
 がん患者にとって医師は神様仏様。話したいことはいろいろあるが、ずばり恐ろしい現実を口にされるのが怖い。どうかこの気持ちを察して、優しい笑顔で励まして。診察時の言葉はもちろん、表情一つで命が伸び縮みするのを感じる。まるでひそかに想いを寄せる初恋の人のようでもある。
 緩和ケアとは終末期の患者だけのものではない。診断時のショック、辛いうえに高額の治療に対する不安、そして何よりつきまとう死の恐怖を少しでも和らげ、治療に前向きになることを支える。がんサロンもその一環、気軽に利用を。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る