日ノ御崎新灯台 現地で完成記念式典

 美浜町三尾地内に設置されていた紀伊日ノ御埼灯台を日高町阿尾(田杭)地内へ移転する工事が終わり、23日に新しい灯台の完成記念式典が現地で行われた。
 日高町の松本秀司町長、美浜町の森下誠史町長ら約30人が出席。灯台を管理する田辺海上保安部の川上誠部長はあいさつで新灯台建設協力者の日高観光㈱代表・大杉達さん、新灯台銘板揮毫者の岡本昂大君(美浜町三尾、日高高1年)、新AIS(船舶自動識別装置)局銘板揮毫者の本間愛子さん(日高中3年)に感謝の意を表したうえで、「お二人に揮毫していただいた灯台とAIS局が、これからも末長く紀伊半島西岸を航行する船舶を安全に導いてくれるものと信じております」と述べた。事業を実施した兵庫県神戸市、第5管区海上保安本部の村松一昭交通部長もあいさつ。岡本君、本間さんらによる銘板除幕、2人への感謝状贈呈などを行い、工事の無事完成を祝った。式典終了後には出席者が新灯台を見学した。
 旧灯台付近で地割れや地滑りが発生、建物に倒壊の危険があったため、約65年ぶりに旧灯台西約120㍍の安全な場所へ新たな灯台を建築した。新灯台はこれまでと同じコンクリート造りで、高さ17㍍。点灯する周期は以前の40秒3回から12秒3回となり、光を見やすくした。光の到達距離は約40㌔。毎日、明るさを感知するセンサーが作動し、暗くなると自動点灯する。総事業費は約1億6000万円。

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっとのぞきに来てください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る