中学バスケ選手権紀南予選で日高女子が優勝

 県バスケットボール協会と県中学校体育連盟が主催する第68回県中学校バスケットボール選手権大会の紀南地区予選が22、23日、白浜町立総合体育館をメーン会場に行われ、女子の部で日高が初優勝を飾った。3位入賞を果たした昨年秋の県新人大会から一冬越えて技術、精神面ともさらに成長。持ち前の堅守速攻を武器に、6月の本戦出場を決めた。
 紀南地区予選は日高・西牟婁・東牟婁地方中学校体育連盟の主管大会。3地方の男子9チーム、女子12チームがトーナメントで熱戦を繰り広げた。男女各優勝チームに本戦出場権。日高地方からは日高男女、南部男女、御坊女子の5チームが参加した。
 女子の日高は2回戦からの登場。上富田(西牟婁)を92―43で退けると、準決勝では光洋(東牟婁)を82―48で下し、決勝は高尾(西牟婁)に72―43で勝利した。持ち味のタイトなオールコートディフェンスを披露。攻守の切り替えを早く、速い展開のオフェンスを繰り出し、相手を寄せ付けなかった。決勝でも20得点の稲垣を中心に初井美海、大谷らが攻守に躍動。伊藤、小川、加納らのリバウンドやアグレッシブなプレーも光った。
 県選手権大会は6月11日に田辺市の田辺スポーツパーク体育館で開かれ、男女それぞれ和歌山市、紀北、中紀、紀南の代表4チームがトーナメントで激突。日高女子の松本典之コーチは「よく頑張った。優勝という目標達成だけでなく、前向きなプレーが見られ、特にメンタル面での成長が感じられた。県大会も優勝を狙い、最後の夏(総体)につなげたい」と話し、稲垣愛菜主将も「チームとしてまとまり、最後まで全力で戦えました。目標は県ナンバーワン」と笑顔を見せていた。
 ほかの日高地方勢は男子で南部と日高が3位。いずれも2回戦からで、南部は上富田に69―68、日高は明洋(西牟婁)に65―63で競り勝ち、準決勝で南部は那智(東牟婁)に33―104、日高は高尾に延長の末68―70で敗れたが、ともに4強入りの健闘を見せた。女子は1回戦で南部が田辺(西牟婁)に44―61で敗退。御坊が城南(東牟婁)に56―69で涙をのんだ。
 日高女子のメンバーは次の皆さん。
 松本典之(コーチ)、土生幸太郎(Aコーチ)、横山千紗子(マネジャー)、稲垣愛菜、初井美海、大谷雛女、伊藤彩光、小竹莉穂、酒井はづき、宮本芽依、小川未来光、南弥采、加納純菜、前田美琴、東家志恩、初井優奈、小川綾香、北村夏香、中岡美心、萩平奈緒、上岡咲恵、和田実莉

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る