日高川町長選 久留米氏が事務所開き

 5月28日に任期満了を迎える日高川町長選(5月16日告示、21日投開票)で、唯一出馬を表明している新人で元町公室長の久留米啓史氏(61)=江川・無所属=の後援会(三村康雄会長)は23日に事務所開きを行い、支持者800人(主催者発表)が集まった。久留米氏は「町民の皆さまと力を合わせて豊かな町をつくりたい」と支援を呼びかけた。
 小熊地内にある事務所には支持者をはじめ、来賓として今期限りでの引退を表明している市木久雄日高川町長、冨安民浩県議、中村裕一県議、共産党を除く日高川町議10人、御坊市、日高町、由良町の議員らが出席。
 最初に後援会の三村会長が「久留米氏は、いままでの公室長や総務課長の経験を生かし、よりよい日高川町をつくっていきたいという熱い思いを持っています。皆さんの協力を」とあいさつ。市木町長は「久留米氏はまじめで何事にも積極的に挑戦する方で、職員時代には私を助けてくれました。彼であれば安心して町政を任せられます」とエール。仁坂吉伸後援会事務局長の木村雅人氏、自民党幹事長の二階俊博代議士秘書の二階俊樹氏、冨安県議、中村県議、日高川町議会の龍田安廣議長も支援を呼びかけた。
 最後にマイクを握った久留米氏は産業振興、若者定住、子育て・高齢者支援、防災対策、行財政改革と掲げている5つの公約を説明。「38年間の役場生活の中で、多くの職場の先輩、同寮、住民の皆さまに助けていただいた。それはこれからも同じ。私1人では何もできませんが、皆さんと協力すればきっと豊かな日高川町をつくっていくことができると思います。どうか今後ともご支援をお願いします」と呼びかけた。最後はガンバローコールで士気を高めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る