意思疎通の難しさ

 会社の1階(編集部は2階)でプリンターのトナー交換を女性職員に頼んだところ、「(予備のトナーがプリンターの側に)あったら1階へ内線鳴らして」との返事があった。編集部で確認すると、予備のトナーがある。すぐに内線をしたが、そのやり方がまずかったようだ。ちょうどその女性職員は手が放せない作業中。受話器をわざわざ取らなくてもいいようにと気を利かせたつもりで内線のコールだけした。編集部にいるのは1人だけと相手も分かっているはずで、これで通じると思った。結果は大失敗。こちらが面倒くさくてコールのみで切ったと〝誤解〟を受け、事情を説明するのに困った。
 意思疎通、コミュニケーションというものは本当に難しい。あまりよく知らない人なら丁寧に言葉を選んで理解してもらえるように努めるのだが、親しい仲になるとどうしても簡単に済ませてしまう。朝、「あれ、買っておいて」と妻にお願いし、夜になって帰宅すると「これ、違う」。そんな些細な行き違いから大喧嘩に発展したという経験をしたことがある人も多いのではないか。相手に伝える、相手を理解する、普通にできると安易に考えてしまっていると、いらぬトラブルを招く。
 同じ言葉でも、TPО(時間、場所、場合)の使い分けが必要なのもいうまでもない。例えば妻が子どもを出産する際。まだ、妊娠が分かる前の普段の会話で「立会いは、ようせんかな」と即答したとしても聞き流してくれるが、これがその時になると、相手を傷つけてしまう可能性もある。親しい仲の会話ほど、聴き方によっては心無い言葉が飛び交っている。逆に、少しの繊細さでさらに絆は深まるはずなので気をつけていきたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る