証言から知るクヌッセン機関長

 東山の森Arkの地域文化発掘イベント、「文化じかけのオレンジ」を取材した。今回のテーマは殉難60年、デンマークのヨハネス・クヌッセン機関長だ
 昭和32年2月10日夜、美浜町の日ノ御埼沖で徳島県の機帆船「高砂丸」が火災に遭い、乗組員を救おうと嵐の海に飛び込んだのがエレンマースク号のクヌッセン機関長。翌朝、日高町の田杭海岸に遺体が救命艇と共に打ち上げられた。大筋は知っていたが、今回はさらに詳細に知ることができた
 エレンマースク号乗組員の証言をもとに、劇団RAKUYUの柳本文弥さんが臨場感あふれる朗読。それによると、高砂丸船長は一度はマースク号からの縄ばしごを伝い、助け上げられかけた。が、あとわずかのところで力尽きる。落下した海面の近くにいたのがクヌッセン機関長。一瞬も迷わず、後を追って飛び込んだ。もう少しで助かるところだったのだから、なんとしてもつかまえてこの世に引き戻したい、との思いがこみあげたのだろう、とその気持ちが伝わってくるように思ったのは、乗組員の詳細な証言と記録した人のおかげである
 当時を知る人の証言もあった。田杭の人々は、遺体を実際に目にし「こんなに体の大きな、立派な機関長が、日本人を助けてくれようとして命を落とした」ことに心を動かされ、遺体を運ぶヘリを見送りながら自然と皆で合掌したという。些細でも人々の心の動きが感じられるような具体的事実をしっかり伝えることが、真実を風化から守るのではないか
 紀伊水道を見下ろす日ノ御埼や田杭海岸沿いの山にことしも桜が美しく咲いた。この花は華やかさだけでなく気高さをも感じさせてくれる。私心なく純粋に人を助けることだけを考えた、まっすぐな心のように。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る