祈るだけで助かるのか

 「すべての選択肢がテーブルにある」。米中首脳会談前の今月6日、トランプ大統領が電話で安倍首相にこう話した。北朝鮮の核ミサイル開発について、中国の習国家主席を念頭に、「中国が本気で北朝鮮への制裁を強めないなら、米国は独自の計画を立てる」という間接的な意志表示だった。
 その注目の首脳会談が始まる直前、トランプ大統領はシリアへのミサイル攻撃を命令した。化学兵器による空爆を行ったシリア政府軍の飛行場に、巡航ミサイル59発を発射。その後、大統領は習国家主席との歓迎夕食会に参加し、デザートを食べながら軍事攻撃の事実を明かし、理由を説明したという。
 「戦略的忍耐」というオバマ大統領の念仏のような理想主義がシリア、ロシア、中国、北朝鮮を増長させ、その弱腰を非難し続けたトランプ大統領としては当然の行動ともいえる。同盟国日本の私たちは、ここに世界が大きく変わった現実を認識しなければならない。
 化学兵器や核兵器は実際に使用せずとも、開発に成功した時点で自国の「力」を飛躍的に向上させる。同時にそれは他国を脅す力にもなり、その拡散の危険が叫ばれるテロの時代にあって、発射ボタンを握るリーダーがまともな国家のまともな人間とは限らない。日本にとっていままさに、そこにある危機である。
 シリア、南シナ海、ウクライナ…理想だけではどうにもならないことは、オバマ大統領が示してくれた。トランプ政権は、軍事にブレーキがない独裁国家の暴走を止めるには、その力を上回る圧倒的な軍事力と、それを躊躇なく実行できる決断力であることを示そうとしている。
 東アジアの危機はかつてなく切迫している。将軍様は正気に戻るか。日本はただ祈るだけで助かるのか。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る