「新しい発見」考えよう

 3歳の長女が「お姫さまの電車(紀州鉄道)へ乗りたい」とせがむので、休日に出かけた。お姫さまとは宮子姫のことで、以前車体に描かれているのを見たところ大変気に入ってそう呼んでいる。アパートから散歩がてら歩いて御坊駅へ。ホームでかなりの待ち時間を覚悟していたが、結構、本数があり、すぐに乗ることができた。学門駅まで5分ほど。筆者自身も30年以上ぶりの体験だったが、前方の座席に座ると線路沿いの景色もよく見え、いつも車で走り回っているのと違う感じがして楽しめた。もちろん、娘も大喜び。念願のお姫さま電車へ乗ること、車窓の景色など「新しい発見」の連続に目を輝かせていた。
 先日、美浜町の三尾公民館で開かれた地方創生事業「日の岬・アメリカ村の再生」に伴う意見交換会に、日本のリノベーション(再生)の第一人者として知られる建築家・大島芳彦さん(47)が参加。その中で観光について触れ、「新しい発見をすることは、追体験や確認よりよっぽど楽しい」と持論を述べた。要するに、すでに知られた観光地などを巡っても写真などで見たままなら感動は生まれない、逆に残念に思うこともあるということ。10年前に世界三大がっかりスポットともいわれるデンマークの「人魚姫」を訪れた時をすぐに思い出し、発言の意味をよく理解できた。
 幼い子が「新発見」に胸をわくわくさせる感覚は、子どもほどでないにしろ大人にもあるのは間違いない。経験を積んだ大人の場合、その新発見が何かを他者が見つけるのは難しいのだが。観光振興を考える際、立派な施設を新たに造ろうと思う前に、子どもの頃に戻って自分の感動体験を思い出してみることも重要のようだ。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る