サクラの楽しみ方はいろいろ

 ソメイヨシノが満開を迎え、艶やかな薄ピンクの花が木全体を染め上げている。数百本が植えられているようなサクラの名所では、その美しさに圧倒されてしまうほどだ。サクラには満開の光景だけでなく、花が風に舞い散る美しさや花一輪ずつのきれいさが感じられ、いろんな楽しみ方ができる。
 日本には花見の文化が根付いている。花見といえば、まず最初に浮かぶのがサクラ。インターネットで歴史を調べてみると、「江戸時代から庶民に広まった。徳川吉宗が東京の浅草などにサクラを植えさせ、行楽を奨励した」などと書かれている。いまでは日本人だけでなく、大勢の外国人らも花見を目的に訪れるほどだ。
 また、サクラと聞くだけで、連想されることも多い。例えば、入学式や春の暖かな季節などがあり、歌の歌詞にもよく登場する。物事の例えに使われる場合も多く、産卵期の春にサクラのように美しい色彩を持ったマダイをサクラダイとも呼ぶ。他に桜前線などという言葉もあり、サクラは日本人と深くつながっている。
 いまソメイヨシノが見ごろ。各所ではきれいな花を枝いっぱいに咲かせている。しかし、ことしの開花時期は雨の日続き。先週は雨の日が多く週末の8日も雨。9日は日差しが見える天候となったが、予報では11日も雨模様だという。しかし、サクラの楽しみ方はいろいろで、花筏(はないかだ)もその1つ。風雨で散ったサクラの花びらが帯状になって水に浮かんで流れていく様子を筏に見立てた言葉で、日本人らしい響きや情緒ある風景が目に浮かぶ。ことしは木の上だけでなく、水面にも目を向けてきれいなサクラを楽しんでみてはいかがだろう。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る