御坊の舞妃蓮 半世紀ぶりテキサスへ

 アメリカ・テキサス州の州都オースチンのジャパニーズガーデンにかつて咲き誇っていた御坊生まれの舞妃蓮を復活させようと、舞妃蓮保存会の阪本尚生会長(御坊市)は7日、レンコンを現地に発送した。ジャパニーズガーデンが2年後にオープン50周年を迎えるのに合わせた取り組みで、父の故・祐二氏が昭和44年に初めて分根して以来およそ半世紀ぶり、再び海を渡ることになった。
 オースチンにある13㌶もの広大な敷地を誇るジルカー植物園の中には、和歌山県粉河町(現紀の川市)出身で現地に移住した造園技師の故谷口勇氏が自費を投じて整備したジャパニーズガーデンがある。「イサム・タニグチ日本庭園」とも呼ばれ、昭和44年に完成。同年4月13日には開園式が行われた。谷口氏は、祐二氏が昭和41年に大賀ハスと王子ハス(アメリカキバスの一種)をかけ合わせて誕生させた御坊生まれの舞妃蓮という可憐な蓮があることを知り、分根を依頼。祐二氏は快諾し、舞妃蓮と大賀ハスを送り、オープン初年度の8月には早速、見事な大輪を咲かせた。昭和50年ごろまでは毎年花を咲かせていたが、谷口氏はその後他界。池は残ったが、ハスなどはすべてなくなった。
 テキサスに留学経験がある大阪在住の男性を通じて昨年春、ジルカー植物園から「50周年に向けて蓮池を復活させたい」と阪本会長に依頼があり、準備を進めていた。10月には最大の難関とされていたアメリカの検疫局から輸入許可が下り、計画は一気に前進。今月5日には阪本会長が神戸植物防疫所大阪支所へ、分根する舞妃蓮と大賀ハスのレンコンを3本ずつ持ち込んで検査を受け、見事パス。いよいよアメリカに渡ることになった。
 発送する前には、保存会事務局長の平井俊哉市議と2人で御坊市の柏木征夫市長を表敬訪問し、分根することを報告。柏木市長は「花はどこの国に行っても受け入れられるでしょう。現地で花が咲いたという報告が来るのを楽しみにしています」と期待を膨らませた。阪本会長は「父が分根した舞妃蓮を再び発送することに不思議な縁を感じる。分根できるのも母がハスを守ってきてくれたおかげ」と両親に感謝した上で、「順調に行けばことし夏には花を咲かせるでしょう。御坊生まれのハスがアメリカでも有名になるくらい、再び咲き誇ってくれることを願っています」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る