愛される八田與一に感動

 日本統治時代の台湾で農業水利事業の完成に貢献した八田與一の功績を多くの人に知ってもらおうと、御坊日台友好協会(古山隆生代表)が企画した台湾スタディーツアーが先月28日から31日までの3泊4日で行われ、藤原風輔君(湯川中3年)と川越万里名さん(丹生中3年)が参加。八田與一がいまでも現地で愛されていることや、台湾人の優しさに触れ、学び多きツアーとなった。
 日高地方の中学生を対象に八田與一(1886~1942年、石川県出身)についての感想文を募集し、2人が優秀賞に選ばれていた。
 現地では、土木技師の八田與一が工事を指揮して昭和5年に完成した台南市の烏山頭ダムや約15万㌶に張り巡らせた水路、現地に建立されている銅像を見学。不毛地帯を大水田地帯にした偉業を目の当たりにした。官田国民中学校では生徒に混じって英語の授業に参加。課外授業のピザ作りも一緒に楽しみ、交流を深めた。日本軍人が神としてまつられている飛虎将軍廟や奇美博物館を見て回ったときには、買い物帰りの現地の人が商品をプレゼントしてくれる場面もあり、親日ぶりに感激した。ツアーを終え、藤原君は「八田技師の銅像に献花されているのを見て、いまでも敬愛されていると感じることができた。台湾の人が優しく日本語で話しかけてくれたことも素直にうれしかった」と感動。川越さんは「台湾の中学校を訪れたとき、生徒が流ちょうな英語で丁寧に話してくれたのがかっこよかった。私もさらに英語を勉強して、あのように話したい」と大きな刺激を受けた様子で話した。古山さんは「現地の同世代と交流ができてよかった。次は台湾から中学生を日本に招待することになったので、今後も相互交流を続けていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る