龍神そばを新たな特産品に

 田辺市龍神村で収穫されたソバを使ったざるそばが、今月から同村福井の道の駅「水の郷日高川 龍游」のつぐみ食堂で販売されている。地域の活性化に取り組む「ええとこねっと龍神」がそばの麺を提供しており、「龍神そばを新しい特産品とし、観光産業の活性化につなげていきたい」と話している。
 「ええとこねっと龍神」は1年半前から甲斐ノ川と殿原地内の休耕田約40㌃を利用してソバ栽培を始めた。昨年末には60㌔を収穫し、廃校になった下山路中学校の給食室で製麺を行っている。麺には日本三美人湯として知られる島根県出雲(湯の川温泉)のそば粉をブレンド。つなぎには日本三美人湯の川中温泉がある群馬県吾妻の小麦粉を使い、そば粉8割、小麦粉2割で仕上げている。名称は「龍神そば~日本三美人の湯の郷」とし、商品やチラシなどに張るロゴマークもつくった。今後は龍神村内の飲食店や旅館に普及させたい考えで、ことしから栽培面積を2倍程度に増やすという。
 つぐみ食堂での販売は、平日は10食、土日曜日は15食の限定。シイタケの天ぷらなどを添えた「天ざる」(1300円)、「自家製かき揚げ龍神そば」(1000円)、アマゴの甘露煮を加えた「特製あまご龍神そば」(1100円)の3種類がある。販売開始以来ほとんど毎日完売が続き、好評となっている。営業時間は午前11時から午後3時。一日に5食まで予約を受け付けている。問い合わせは0739-77-0380。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る