日高町の禁煙助成に注目

 筆者の禁煙がとりあえず続いているためだろうか、たばこの話題が多くなってしまう。そんなわけで、日高町が、県内初の禁煙外来治療費助成事業をスタートさせた。治療費の2分の1(上限1万円)を補助。たばこをやめたくてもやめられない喫煙者に朗報と言えそう。
 たばこを吸っていない人からすれば、「自分で勝手にたばこを吸っている人の禁煙にどうして税金を投入しなければならないのか」という意見もあるかもしれない。しかし、喫煙でリスクが高まる病気は、がんをはじめ脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームなどさまざま。喫煙者が病気になればその分、税金から医療費が投入されるわけで、医療費抑制の面からすれば喫煙者が減ってもらった方がいい。また、近年問題になっている受動喫煙の危険性も減るので、町の施策として喫煙者を減らすことは、容認されるべきところ。すでに同様の補助は全国的に東京都、埼玉県、愛知県など8自治体が先進的に行っている。
 ところが、気になるのは禁煙外来に一体どれだけの効果があるのかということ。禁煙外来の治療と言えば、ニコチンパッチやガムなどを使ってたばこを吸わないようにしていくようで、医者によると、成功率は約50%。この割合が高いのか、低いのか判断が難しいが、仮に全国の喫煙者2000万人が半減すると考えれば大きい。さらに禁煙外来で失敗したとしても、禁煙にチャレンジした意義はあり、今後、禁煙を成功させるきっかけになるかもしれない。
 いずれにしても日高町の新施策に注目。筆者は高みの見物といきたい。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る