苦しかったら横になってくださいね

 御坊市薗のタクシー会社、御坊第一交通(髙野福己代表)は4月10日から、妊娠中の女性や子育て中のお母さんに向けたサービス「ママサポートタクシー」を始める。自宅やかかりつけの病院を事前に登録してもらい、家族不在時の陣痛や子どもの急な発熱時の利用に素早く対応。29日にドライバーらが助産師から研修を受け、優しい対応や細やかな心配りを再確認した。
 サービスは妊娠中の女性と3歳未満の子どもを持つお母さんが対象で、利用者は自宅の場所やかかりつけの病院といった情報を、ホームページ、電話、ファクスで事前登録。専用ダイヤルでの連絡で午前6時から翌日午前2時まで365日、悪天候や繁忙期でも迅速に配車する。陣痛時の利用にはシートに防水シーツやバスタオルを敷いてお迎え。気軽に乗車できる。登録は無料。利用は通常のタクシー料金となる。
 御坊第一交通は運用開始を前に御坊商工会館で研修会を開き、御坊を中心に和歌山や白浜の営業所からドライバーら合わせて約50人が参加。国保日高病院の助産師、早田美恵さん、滝口ひとみさんから妊婦の特徴について聞き、「臭いに敏感なので気をつける必要があります」「気持ちが不安定なので優しい対応に助けられます」「苦しそうなら『大丈夫ですか』と声をかけてあげてください」「転ばないよう細かい気配りが必要です」とアドバイスを受けた。
 市役所駐車場に移動し、妊婦ジャケットの着用や乗降時のサポートも体験。参加者のほとんどは男性ドライバーで、妊婦体験では「こんなに重いのか」「乗り降りどころか歩いたり、しゃがんだりするのも大変だな」と実感し、サポート体験では「大丈夫ですか」「苦しかったら横になってくださいね」と優しい対応、細やかな心配りを実演していた。
 その後、感想を話し合い、あらためて妊婦を乗せるときに気をつけることやドライバーができるサポートについて情報を共有。御坊第一交通の鈴木孝昇所長は「妊娠中や子育て中の女性を応援するための、安全に母子の命を運ぶサービス。より快適で魅力的なサービスによってお客さまの利便性を向上させ、御坊日高の地域に貢献できるようにしていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る