小説「河井継之助」連載終了

 347回にわたって掲載してきた連載小説「河井継之助 龍が哭(な)く」が29日付で終了した。主人公の河井継之助は激動の幕末、新政府軍と戦って壊滅的な被害を受けた長岡藩を率いていた人物である
 後世にまで伝えられる華々しい業績を挙げたわけではない。むしろ「故郷を焦土と化した」と、民から恨まれた人物として冒頭で紹介されていた。そんな人物の生涯をどのように描くのか、興味深く読んでいた
 鮮やかな藩政改革で火の車だった藩財政を見事に建て直した手腕は、後半の読みどころの一つだった。日々めまぐるしく変わる緊迫の情勢の中、古い価値観にも浮き足立った世論にも惑わされず、自身の信ずるままに動く。長岡藩の存亡をかけて火のような勢いで頭を回転させ、気迫で交渉し、大胆に行動する
 その気迫と聡明さをもってしても、越後長岡藩が灰燼に帰す苛酷な運命は回避できなかった。最後の数十回、小千谷談判以降の物語はもう悲劇に向かって突き進んでいくのが分かっているので、ほろ苦い思いをかみしめて読んでいた。傑物といっていい才覚と胆力を持ち合わせた人物でありながら、時と場の巡り合わせ故に歴史の歯車を動かす勝者の側には立てず、新しい時代の夜明けも見ずに、狙撃で受けた傷がもとで41歳の生涯を閉じる。八十里峠を越えて会津へ退く際には、「八十里腰抜け武士の越す峠」と自嘲の句を呼んでいる
 どのような境遇に置かれても、その中で自身にとって最善の道を迷わず突き進んだ人間の心意気。その後ろ姿からは、香気すらたちのぼるように思われた。勝者側の物語とは異なる、歴史の厳粛な一面を垣間見た連載であった。本日付3面で、連載を終えた著者の言葉も紹介。ぜひお読み頂きたい。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る