梅の郷救助隊が気仙沼訪問

 東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼市と震災直後から交流を続けている民間災害ボランティア団体、紀州梅の郷救助隊(尾﨑剛通隊長)は25・26日に同市で慰霊と交流のイベントを開催した。ことしで5回目で、隊員ら14人が訪問。灯籠で「いのり」という言葉を書いて犠牲者を供養し、食事やゲームで癒やしのひとときを提供した。
 救助隊は震災発生直後から同市で支援活動を展開。遺族から捜索依頼を受け、亡くなった犠牲者の遺骨や位牌などを見つけた。炊き出しでも協力し、その後も現地で夏祭りを行うなど交流を続けている。
 今回のイベントは、震災時に避難所となった浄念寺で開催。初日の夜には三重県のボランティア団体「明かりプロジェクト桑名」から提供されたろうそく100個を使った灯籠「いのり」の文字を境内で浮かび上がらせて犠牲者を供養し、同寺の高橋一世住職が法要を執り行った。2日目の交流イベントには被災者ら約30人が参加。女性隊員ら手づくりのちらし寿司や梅たまごでつくっただし巻きなどがテーブルに並んだ。輪投げやくじ引きなどのゲームでも盛り上がった。みやげとして、岩代小学校児童の手づくり梅干し、西本庄婦人会から預かった生活用品、紀州みなべ生産者協議会と紀州みなべ梅干協同組合提供の梅干しなどを贈った。被災者からは「震災から6年になるが、毎年来てくれるボランティアの方は少ない。また、来年も来ていただきたい」という声も聞かれた。
 今回の訪問では中学生4人が同行。昨年に続いて2回目となったみなべ町埴田、田辺中学校の前田明日香さんは「いろんな話を聞かせていただいた。『来てくれてありがとう』とも言ってくれて、とてもよかった」と振り返り、尾﨑隊長は「子どもたちが被災地の現場をみることで、発生が懸念されている南海地震への勉強にもなる。今後も続けていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る