みはま学園 119人が修了

 美浜町社会福祉協議会(塩崎治会長)の生き活き健康づくり事業、みはま学園は28日、地域福祉センターで本年度の修了式を行った。
 塩崎会長は「生きている間は、いくつになっても、ときめく心を持ち続けていただきたい」などと式辞。2月講座まで3回以上出席した学園生に授与される修了証は、119人を代表して入江信成さん(三尾)が受け取り、2月講座まですべて出席の皆勤賞18人、欠席2回までの努力賞28人の表彰もあった。
 修了式に先立って開かれた3月講座では、DVD「老いを生きる~今日も何処かで高齢者のサインが~」を観賞した。
 みはま学園は町からの委託事業。平成元年から始まったが、本年度で終了となった。新年度からは代替の事業として社協が独自にボランティアや地域サポーター養成の講演、講座などを企画していくという。皆勤賞と努力賞の受賞者は次の皆さん。
 皆勤賞=石橋正康、貴志君代、高木喜代子、中西美佐子、中村喜久代、西浦蓉子、新田禎子、原敬人、原賢子、山本正子、上野山喜八郎、松島幸代、入江信成、野瀬富美子、蕗谷美和子、森本百合子、新家優美子、三原道代▽努力賞=井本さよ子、川本綾、五味アキ子、坂本和子、佐向清次、高橋勝通、高橋一枝、西下寿美子、中林壽眞子、藤田悦子、古山佳津子、松本美智子、丸山百合子、原田トミコ、上野山スズエ、佐々木富子、田中盛枝、中村玲子、西スミ子、小池房枝、小西道子、池田フサエ、濱口耶恵子、平井恵子、福井しげ子、籔内直子、下芝浩、土井豊子

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る