徳本上人ツアーを!

 日高町志賀の久志地区で誕生した江戸時代の念仏行者・徳本上人(1758~1818年)。自身が「南無阿弥陀仏」と書いた名号碑は、全国に1000基以上が現存しており、活動の広さと民衆信仰の深さを裏付けているとされる。
 当然、日高地方でも誕生の地の日高町や周辺市町に、名号碑や修行の地など徳本上人の足跡がたくさん残されている。日高町でみると、萩原の安楽寺に南無阿弥陀仏の文字を練習した「手習い名号」がある。徳本上人の特徴的な丸みを帯びた文字の原型であり、大変貴重なもの。同寺には全国で最も古いとされる名号碑もある。御坊市では往生寺で出家するための「得度式」が行われ、日高川町大滝川には修業の地もある。
 また、筆者は最近知ったのだが、印南町にも結構ある。例えば羽六と樮川の住民が建立した徳本上人50回忌の碑。徳本上人を研究している日高町小中の杉村邦雄さんによると、住民が協力して碑を建てるのは珍しく、相当厚い信仰があったのではないかと推察。また、島田の光明寺では、徳本上人の石像も建立されている。木像はあるが、石で作られているのは珍しいという。
 紹介すればきりがないが、それらのスポットの一部を回る学び塾が、4月4、8日に開講される。今回は地元住民らに徳本上人のことを知ってもらうのが目的。ただ、巡回ルートを整理してパンフレットを作るなどすれば、観光客をターゲットにした「徳本上人ツアー」としても企画できるのではないだろうか。かつて徳本上人が説法をすると、多くの人が集まってきたという。人を引き付ける魅力にあやかって、日高地方に多くの観光客が来てくれればと願う。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る