徳本上人ツアーを!

 日高町志賀の久志地区で誕生した江戸時代の念仏行者・徳本上人(1758~1818年)。自身が「南無阿弥陀仏」と書いた名号碑は、全国に1000基以上が現存しており、活動の広さと民衆信仰の深さを裏付けているとされる。
 当然、日高地方でも誕生の地の日高町や周辺市町に、名号碑や修行の地など徳本上人の足跡がたくさん残されている。日高町でみると、萩原の安楽寺に南無阿弥陀仏の文字を練習した「手習い名号」がある。徳本上人の特徴的な丸みを帯びた文字の原型であり、大変貴重なもの。同寺には全国で最も古いとされる名号碑もある。御坊市では往生寺で出家するための「得度式」が行われ、日高川町大滝川には修業の地もある。
 また、筆者は最近知ったのだが、印南町にも結構ある。例えば羽六と樮川の住民が建立した徳本上人50回忌の碑。徳本上人を研究している日高町小中の杉村邦雄さんによると、住民が協力して碑を建てるのは珍しく、相当厚い信仰があったのではないかと推察。また、島田の光明寺では、徳本上人の石像も建立されている。木像はあるが、石で作られているのは珍しいという。
 紹介すればきりがないが、それらのスポットの一部を回る学び塾が、4月4、8日に開講される。今回は地元住民らに徳本上人のことを知ってもらうのが目的。ただ、巡回ルートを整理してパンフレットを作るなどすれば、観光客をターゲットにした「徳本上人ツアー」としても企画できるのではないだろうか。かつて徳本上人が説法をすると、多くの人が集まってきたという。人を引き付ける魅力にあやかって、日高地方に多くの観光客が来てくれればと願う。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る