最新潜水艦せきりゅう 由良を拠点に訓練

 兵庫県の川崎重工業神戸工場で建造され、今月13日付で就役した海上自衛隊の最新鋭潜水艦「せきりゅう」が、由良町阿戸の海上自衛隊由良基地分遣隊を拠点に訓練を行っており、話題となっている。第1潜水隊群第5潜水隊(広島県呉市)に配備された潜水艦。魚雷防御の新システムが搭載されているなどで、国防の主力艦として力を発揮していく。
 せきりゅうは、運動性能が高く世界最高レベルのステルス性能を備えた「そうりゅう型潜水艦」の8番艦。艦名は南方を守る神聖な龍を意味する「赤龍」に由来している。全長84㍍、幅9・1㍍、速度20ノット、乗員70人。スターリングエンジン(非大気依存推進)を採用。「潜水艦魚雷防御システム」を初搭載しており、敵の魚雷を妨害して潜水艦の防衛能力を高めることができる。建造費は559億6000万円。川崎重工業神戸工場で平成25年3月に起工され、27年11月に命名・進水。今月13日に川崎重工から防衛省に引き渡しが行われた。
 その後、海上自衛隊由良基地分遣隊をベースに訓練中。日中は見ることができないが、早朝や夕方には由良湾内で浮上している様子が確認できる。去る19日には、特別公開も実施しており、自衛隊の入隊予定者や地元議員、県庁関係者ら18人が見学した。訓練は、いつまで行うか非公表。
 夜間に見たという地元の会社員(35)は「最新鋭の潜水艦を近くで見る機会はなかなかないと思う。海の中を航行する潜水艦の任務は大変だと思うが、国を守るため頑張ってほしい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る