卒業後も出会い大切に

 日高地方の小学校で23日、卒業式が行われた。卒業生の皆さんにとっては、毎日通った学びやを後にする寂しさ、中学校生活への期待で胸がいっぱいなことだろう。保護者の方々にとっても我が子の成長がうれしく、一方で自立し、少しずつ親から離れていくという寂しさもあるのだろうか。別れと出会いがあるなかで、人は人とのかかわりで成長していくもの、「たくさんの出会う人たちが人の心をより広く、強く、温かい心へと導いてくれます」。切目小学校の卒業式式辞で冨山修次校長が述べていた。
 切目小では計16人が卒業。小学校の卒業式を取材するのは何年かぶりになる。筆者が小学校を卒業したのは24年前。ことしは干支で2回り年下の子どもたちが巣立った。自身の卒業式のことはあまり覚えていないが、切目小では学校や会場は在校生が手作りしたという飾りでいっぱい。慣習だそうで、まず驚いた。式では在校生による送る言葉や卒業生の別れの言葉に感情移入。いつもながら、もらい泣きしそうになった。
 話を戻して冨山校長の式辞。今月末で定年退職となる冨山校長は教員生活38年のうち半分近くを切目小で勤めたそう。「切目が第二のふるさと」という冨山校長が最後に送り出す16人に、出会いについて「周りの人とともにより良く生きる努力をしていくなかで、自分自身もより良く生きることができる」と述べた。そして、自分自身の話や地域への感謝に涙で声をつまらせながら「この切目という地域の良さを感じ、住民の一人として高い意識を持ってほしい」。出会いの大切さ、人や地域への愛情が伝わる内容で、人間関係が希薄になっているといういま、多くの人に伝えたく小欄で紹介させてもらった。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る