御坊市で認知症地域支援事業の全体報告会

 ごぼう総活躍のまちづくりプロジェクトの一環で、認知症になっても希望を持って暮らせるまちづくりを目指している御坊市は19日、本年度に取り組んだ認知症地域支援体制構築事業の全体報告会を御坊商工会館で開催。アドバイザーを務めてきた認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子さんが1年間を総括し「地域の小さなつながりが認知症になっても元気に暮らせるまちをつくる」と地域連携の大切さを訴えた。
 介護や医療関係者、一般住民ら120人が参加。柏木征夫市長は開会あいさつで「認知症になっても誰もが活躍して暮らせるまちをつくるため、地域の支援が必要。報告会を、未来について考えるきっかけにしてほしい」と支援体制の構築を呼びかけた。
 第1部では、本年度取り組んだ「アクション・ミーティング」「人材・チームづくりプログラム」「博愛園と和高専、地域との協働・連携」「ともに活きるシンポジウム、本人サミット」の4つの事例を紹介。それぞれの発表を総括して第2部で永田さんが「ごぼう総活躍の未来にむけて~一人ひとりの思いと希望を、まちづくりにつなげよう」をテーマに講話した。永田さんは柏木市長のあいさつを受けて「認知症になっても希望を持って暮らせるまち、市民が総活躍するまちにしていく方針を市が示していることは非常に大きい」と明確なビジョンに謝意を示した上で、それぞれの取り組み報告から「話し合うだけではなく、まずはアクションを起こす行動力、認知症の人が何を求めているのかを粘り強く知ろうとする姿勢、身近な人たちが互いに足りない部分を補っていく連携など認知症支援に大切なことがたくさん発表された」と各事業の成果を強調。産官民学の横の連携、地域のつながりを作っていくことが重要だとし、「小さなつながりができることで認知症になっても元気に暮らしていける。認知症になってもその人に変わりはない、自分は自分と考え、カッコよく生きていくことを一人一人が大事にして総活躍のまちをつくる。幾つになっても、認知症になっても御坊のまちを気持ちよく歩けるように、みんなで力を合わせていきましょう」と総活躍で認知症に優しいまちを作っていくよう期待を込めた。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ大っきい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る