南方熊楠記念館の新館がオープン

 白浜町の国立公園「番所山(ばんしょやま)」に完成した新しい南方熊楠記念館で19日、オープン記念式典が行われた。施設を管理・運営する公益財団法人南方熊楠記念館理事長の仁坂吉伸知事、名誉館長のSF作家荒俣宏氏らがテープカットを行い、記念植樹や餅投げなどで熊楠ファンの来場者とともに待望のオープンを祝った。
 熊楠は柳田國男と並ぶ民俗学の創始者としても知られ、記念館には生前の多くの文献、標本、遺品などを保存・展示。県は全国の熊楠ファンや一般に建設費用の寄付を呼びかけ、老朽化した旧記念館(本館)の隣でおととし11月から工事が進められていた。総工費約4億7500万円のうち、寄付分は約3250万円。熊楠が大きな研究成果を残した「粘菌」のイメージから、曲線を生かした設計の鉄骨コンクリート2階建ての施設が完成した。
 式典には公益財団法人理事長の仁坂知事、名誉館長の荒俣氏のほか、井澗誠白浜町長、高額寄付者ら関係者約50人が出席。仁坂理事長はこれまで取り組んできた番所山公園整備を振り返り、「熊楠生誕150年というちょうどいいときに、このような立派な記念館が出来上がって本当にうれしい。これからはこの記念館を白浜の大きな資産として、和歌山県、日本が誇る南方熊楠の記念館として世界中にアピールしたい」とあいさつ。
 荒俣名誉館長は「田辺にある熊楠顕彰館はいま、熊楠のイメージが追加され、変わっていくような業績をどんどん出しており、熊楠ファンですらついていけないほどの印象があるが、一般の人が『熊楠はどんな子どもだったのかな』と思って訪れるには、この記念館は欠かせない。エレベーターもついてバリアフリーが整い、これからここで熊楠と出会える人はいいなぁと思う。私もここの応援団の一員としてお客様にいろんな発信をしたい」と喜びを表した。
 入館料は大人500円、小中学生300円。開館時間は午前9時から午後5時まで。毎週木曜休館。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る