南方熊楠記念館の新館がオープン

 白浜町の国立公園「番所山(ばんしょやま)」に完成した新しい南方熊楠記念館で19日、オープン記念式典が行われた。施設を管理・運営する公益財団法人南方熊楠記念館理事長の仁坂吉伸知事、名誉館長のSF作家荒俣宏氏らがテープカットを行い、記念植樹や餅投げなどで熊楠ファンの来場者とともに待望のオープンを祝った。
 熊楠は柳田國男と並ぶ民俗学の創始者としても知られ、記念館には生前の多くの文献、標本、遺品などを保存・展示。県は全国の熊楠ファンや一般に建設費用の寄付を呼びかけ、老朽化した旧記念館(本館)の隣でおととし11月から工事が進められていた。総工費約4億7500万円のうち、寄付分は約3250万円。熊楠が大きな研究成果を残した「粘菌」のイメージから、曲線を生かした設計の鉄骨コンクリート2階建ての施設が完成した。
 式典には公益財団法人理事長の仁坂知事、名誉館長の荒俣氏のほか、井澗誠白浜町長、高額寄付者ら関係者約50人が出席。仁坂理事長はこれまで取り組んできた番所山公園整備を振り返り、「熊楠生誕150年というちょうどいいときに、このような立派な記念館が出来上がって本当にうれしい。これからはこの記念館を白浜の大きな資産として、和歌山県、日本が誇る南方熊楠の記念館として世界中にアピールしたい」とあいさつ。
 荒俣名誉館長は「田辺にある熊楠顕彰館はいま、熊楠のイメージが追加され、変わっていくような業績をどんどん出しており、熊楠ファンですらついていけないほどの印象があるが、一般の人が『熊楠はどんな子どもだったのかな』と思って訪れるには、この記念館は欠かせない。エレベーターもついてバリアフリーが整い、これからここで熊楠と出会える人はいいなぁと思う。私もここの応援団の一員としてお客様にいろんな発信をしたい」と喜びを表した。
 入館料は大人500円、小中学生300円。開館時間は午前9時から午後5時まで。毎週木曜休館。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る