みなべの常福寺 戦没者墓碑を移設

 みなべ町堺の常福寺(畑﨑恒定住職)で戦没者墓碑の開眼供養が行われ、遺族ら関係者約50人が冥福を祈った。以前は本堂裏に英霊31人の墓石が建てられていたが、遺族が高齢化し「墓地までの坂道を上るのがつらい」という声が上がっていたため、山門近くに移転した。建立委員会の松村久夫代表は「入り口近くになったので、参拝者が英霊と会いやすくなった」と話している。
 昭和26年に寺の裏山に英霊の墓地を設けていたが、遺族の高齢化に伴い移転を望む声が上がった。昨年3月に関係者らで建立委員会を発足し、移転を進めてきた。10月には閉眼法要を営んだあと、新築工事に着工。22歳から44歳までの英霊31人の名前を刻んだ墓碑と「戦没一切精霊」などと書かれた塔を建立した。昭和17年に堺区の遺族代表がフィリピンのコレヒドール島の戦地跡を巡拝した際に持ち帰った機関銃や鉄かぶと、水筒などを納める展示台も、近くに新しく建て替えた。
 法要では濱本勲さん(79)、出口常次さん(64)、湯川真光さん(65)の3人が代表で除幕。畑﨑住職らが読経して冥福を祈った。同寺の名誉住職で和歌山市梶取の西山浄土宗別格本山檀林総持寺貫首でもある畑﨑龍定師が「戦時中は、アジアの各地で尊い命がささげられた。このたび遺族を中心に檀信徒らが心のこもった慰霊碑を建立された」と述べ、松村代表も「立派な英霊碑や展示台を建てることができた。寺の入り口近くの場所になったので、参拝者の方々に手を合わせてもらいやすくなった」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る