梅干しを食卓に上げよう

 みなべ町農業振興協議会が町民を対象に梅干しの消費動向を調べたアンケートで、「まったく食べない」と回答した人は全体の19・4%だったことが分かった。「ほぼ毎日食べている」の16・1%を3・3㌽上回った。この他、「月に数回程度」は33・0%、「週に1、2回」は14・5%、「週に3、4回」は14・2%。食べない理由のトップは「習慣がない」の43・7%だった。
 アンケートの数字から梅干しを食べている人が多いとみるか、それとも少ないとみるか。総務省の全国家計調査では、2人以上世帯の消費量は726㌘(平成27年)。梅干しの1個当たりの重さは8~15グラム程度なので、2人以上の家庭の消費個数は年間で60個程度となる。これと比較すると町内の消費量は多いということになるが、「日本一の梅産地」という冠がつくと、「まったく食べない人が意外と多い」と思った人もいるのではないだろうか。
 近年は梅の消費が低迷し、産地では販路の拡大に躍起だ。東京や大阪などの都心部に出向いてPR活動を展開。最近では中国にも視察に行き、国内だけでなく海外にも目を向け始めている。大きな市場に売り込むことは消費拡大への近道。しかし、産地で梅干しを食べていない人が多いとなると、「健康や美容にいいというのに、どうしてあまり食べられないのか」という疑念が生じてしまいがちだ。対外的なアピール力が弱まってしまうのではないか。 
 20~30年前、梅は「青いダイヤ」とまで言われた時代があった。その当時と比べると、いまは価格が半値以下に落ち込んでいる。再び梅の好景気を回復させるには産地からの盛り上がりも大切。梅が良くなれば、他の産業も潤う。家庭の食卓に梅干しを上げよう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る