日高病院が形成外科開設へ

 国保日高総合病院(曽和正憲院長)は早ければ5月の大型連休明けにも、新しく「形成外科」の外来診療を開始する。週1回、県立医科大附属病院から派遣される医師が患者を診察し、簡単な手術や処置は日高病院で行う。
 形成外科とは、生まれつきや加齢、事故、手術などで生じた異常や変形に対し、機能だけでなく形態的により美しくする外科学。主な疾患としては顔面骨折、指の切断、手術の傷痕などの外傷、皮膚がんやほくろ、ケロイドなどの腫瘍、口蓋裂や小耳症などの先天異常のほか、乳がん手術後の乳房再建、顔面神経麻痺の改善などがあり、国内には現在、約2600人の専門医がいるが、和歌山県内はたった8人、有田・日高地方の病院に常勤医はいない。
 県立医科大附属病院も形成外科はようやく平成27年7月に開設したばかり。9日には同医科大形成外科学教室初代教授の朝村真一氏(47)が日高病院で講演、日高病院の医師や看護師、日高医師会の内科医、小児科医ら約50人を前に、形成外科の役割、専門分野、先進の医療技術などを紹介した。
 講演終了後、日高病院の曽和院長は紀中の総合病院初の形成外科開設に向け、「地域の開業医の先生とも連携し、ご協力をいただきながら、御坊日高地方の患者さんの悩みを解消できるように努力していきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る