御坊で還付金の不審電話相次ぐ

 御坊市内で9日、市役所や金融機関の職員をかたり、現金をだまし取ろうとする電話が相次いだ。「保険金の払い戻しがある」「ATMコーナーへ行ってください」という還付金詐欺の手口で、御坊署はすぐに市内の無人ATMコーナーに署員を配置。10日も引き続き、警戒を強めるとともに、注意を呼びかけている。
 同署によると、9日午前中、80代の一人暮らし女性宅に市役所の職員をかたる男から「健康保険の払い戻し金があります。封筒が届いていませんか。早く手続きしないと受け取れなくなります。近くに銀行ないですか」という電話があり、男は女性にATMコーナーへ行くよう指示。別の70代の女性宅には同じく市役所の職員をかたって「還付金があります」、その後、金融機関の職員をかたって「ATMコーナーへ行ってください」という電話があった。いずれも詐欺に気づき、要求を拒否したり、市役所に問い合わせたため、被害はなかったが、同署が確認しているだけでも同日中に同様の電話が4件あり、実際はそれ以上あったとみられている。
 この詐欺の多くは還付金があると言ってATMコーナーへ誘い出し、言葉巧みに携帯電話で操作を指示する手口。同署管内でも先月に1件、約49万円の被害が発生している。同署は9日、詐欺電話を確認したあと、すぐ日高病院前、JR御坊駅前、オークワロマンシティ御坊店前に署員を配置し、利用者に警察の電話番号や「医療費の還付金がある、こんな電話は詐欺です。振り込む前にまず相談」と書かれたチラシと啓発用のポケットティッシュを配布。10日は松源御坊店を加えた4カ所で警戒、啓発を行い、携帯電話で話しながらATMを操作する人がいれば声をかけていく。同署は「ATMで返還手続きは詐欺です。還付金がATMで返還されることはありません。このような電話があればすぐに御坊署℡0738―23―0110へ相談してください」と注意を呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る