花粉症と禁煙の関係は?

 この季節になるとくしゃみや鼻水が止まらず、目がかゆかったり、チクチクしたり。何ともうっとうしい花粉症である。もう十数年来悩まされているが、ことしは昨年よりひどい気がする。
 日本気象協会などによると、近畿地方の花粉飛散量は昨年と比べ2倍から5倍。なるほど症状が出てくるのもうなずける。さらにインターネットで調べていると、もう一つ気になる話があった。前回の小欄でも書いた禁煙に関連することだが、「禁煙すると花粉症がひどくなる」「たばこを吸っていると症状が出にくい」などの体験談が紹介されていた。「百害あって一利なし」のたばこにそんなメリットがあったのかと半信半疑ながら、筆者も禁煙しているから余計に花粉症がひどくなったのかとも思う。
 もっと調べてみると、たばこを吸うことが花粉症を和らげる要因として「ニコチンには血管収縮作用があり、花粉症でかゆみやくしゃみという症状が出ているときに、たばこによって血管を収縮させることで症状が軽くなる」とある。実際に血管収縮作用の薬を使って、花粉症の症状を緩和させることがあるらしい。しかし、一方では、喫煙することで粘膜の腫れなどを抑える消炎効果に大切なビタミンCが破壊されたり、免疫機能が低下したりするため、花粉症を発症させたり、ひどくなったりするとの分析も。
 一体どちらが正しいのか。少なくとも筆者の同僚はたばこを吸っているが、ひどい花粉症だ。また、仮に喫煙は花粉症に効果があったとしても、そんなメリットだけではカバーできないほど健康に悪影響を及ぼす。禁煙の誓いを新たにしながら、花粉症に耐えるきょうこのごろである。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る