花粉症と禁煙の関係は?

 この季節になるとくしゃみや鼻水が止まらず、目がかゆかったり、チクチクしたり。何ともうっとうしい花粉症である。もう十数年来悩まされているが、ことしは昨年よりひどい気がする。
 日本気象協会などによると、近畿地方の花粉飛散量は昨年と比べ2倍から5倍。なるほど症状が出てくるのもうなずける。さらにインターネットで調べていると、もう一つ気になる話があった。前回の小欄でも書いた禁煙に関連することだが、「禁煙すると花粉症がひどくなる」「たばこを吸っていると症状が出にくい」などの体験談が紹介されていた。「百害あって一利なし」のたばこにそんなメリットがあったのかと半信半疑ながら、筆者も禁煙しているから余計に花粉症がひどくなったのかとも思う。
 もっと調べてみると、たばこを吸うことが花粉症を和らげる要因として「ニコチンには血管収縮作用があり、花粉症でかゆみやくしゃみという症状が出ているときに、たばこによって血管を収縮させることで症状が軽くなる」とある。実際に血管収縮作用の薬を使って、花粉症の症状を緩和させることがあるらしい。しかし、一方では、喫煙することで粘膜の腫れなどを抑える消炎効果に大切なビタミンCが破壊されたり、免疫機能が低下したりするため、花粉症を発症させたり、ひどくなったりするとの分析も。
 一体どちらが正しいのか。少なくとも筆者の同僚はたばこを吸っているが、ひどい花粉症だ。また、仮に喫煙は花粉症に効果があったとしても、そんなメリットだけではカバーできないほど健康に悪影響を及ぼす。禁煙の誓いを新たにしながら、花粉症に耐えるきょうこのごろである。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る