由良町当初予算 すいせんロード整備へ

 由良町は、平成29年度の新規事業で小引から大引の海岸線に「すいせんロード」の整備を計画している。沿道に町花のスイセンを植栽するとともに、擬木などを設置してハイキングコースにし、観光の新しい名所にするのが目的。予算案は9日から開会する当初議会に提出し、可決されれば来年3月末までの完成を目指す。
 由良町には白崎海洋公園や戸津井鍾乳洞、興国寺などの観光名所があるが、観光客らの町内での滞在時間を長くし、消費拡大などにつなげていこうと、新たな観光スポットとしてすいせんロードを整備する。コースは、小引農村広場から白崎青少年の家まで延長1・2㌔の山腹。いまでも細い山道はあるが、歩きやすいように幅1㍍ぐらいに広げて、沿道にスイセンを植える。また、坂道などには擬木を階段状に設置する。スイセンの開花シーズンは12月から翌年2月ごろまで。沿道には山ザクラも自生している。また、美しい海が眼下に広がり、小引方面からは、別名スヌーピー島で親しまれる十九島(つるしま)も望めるなど、年中を通してハイキングが楽しめ、健康増進のウオーキングコースとしても活用できそう。
 設計は、国の地方創生推進交付金事業として昨年12月議会で補正予算を計上し進めており、今月末までに完成する。設計費は約200万円で、御坊市湯川町小松原の㈱初山御坊支店(濵本規一取締役支店長)が請け負っている。工事費は500万円。ハード面で地方創生推進交付金は活用できないため、全額町負担で、新年度の一般会計予算に盛り込む。

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る