消防車の出番なしへ防火

 先日、御坊市消防団名田分団の小型動力ポンプ付積載車が更新された。古い車両は平成7年に配備されて以来21年が経過。多種多様な災害事案に対処するため消防力の充実、強化を図ろうと、新しい車両は進入困難な道路状況でも通行できるよう4WDにし、可搬式ポンプを積載することで、河川や池から容易に取水し、消火活動が行えるという。
 御坊市では消防本部も今月末までに救助工作車を更新。発足60周年(昨年12月1日)の記念行事として職員を対象に側面シャッター部分のマーキング案を募集し、素早い現場急行と救出救助へスピード感あふれる矢印を御坊の「G」に見立てたデザインが採用されている。すでに本紙でも紹介しており、職員のもとには「いつから走るの?」という声があるそう。「納車の記事では『きょうから走ります』という見出しで決まりですね」と一笑い(?)したあと、一人が「ここにある車はどれも走らない方がいいんだけどね」とナイスなツッコミ。まったくその通りである。
 日高地方で2月下旬から火災が相次いでいる。27日に日高川町の田んぼ、28日にみなべ町の梅干し会社工場の敷地内で出火。春の火災予防運動が始まった1日にも日高川町内の田んぼで枯れ草を焼いた。いずれもたき火やごみの焼却が原因とみられている。冬から春へ、空気が乾燥して火災が発生しやすく、また強い季節風で、大火になりやすい時期。十分な注意が必要なのは言うまでもない。7日までの春の火災予防運動、ことしの全国統一標語は「消しましょう その火その時 その場所で」。日ごろから家庭、地域、職場で火災予防を心がけ、消防車の走る日が少ない日高地方を目指そう。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る