避難物資の運搬訓練必要

 先日、和高専などが主催する防災講演会で、物流の専門家、伊藤秀行氏から災害時の支援物資の流れで聴いた。国から届けられる物資の流れについて、国から県、県から市町村の拠点まではスムーズに運ばれるが、その拠点から各避難所などへの運搬が滞ることが多いという。
 拠点にはありとあらゆる物資が届く。特に災害直後最も多いのが「水」。数ケースとなるとかなり重いため、運んでいるだけで「腰を悪くする」という。東日本大震災の際では陸運送だけでなくヘリや船舶、米軍からと、あらゆる方面から物資が届き、対応に追われて避難所への物資が遅れた。熊本地震の際にも、拠点で物資がさばききれないため、支援物資を乗せたトラックが大渋滞したという。
 伊藤氏は「スムーズな物資運搬へはまず市町村の拠点の設備が重要」と指摘。物資を置いたり仕分けするための広いスペースのほか、停電時の夜間でも作業できるよう発電機と投光機も必要だ。フォークリフトの存在がかなり大きいため、民間倉庫活用の有効性も強調。さらに運営は柔軟性のあるNPOに任せることでスムーズに避難所へ物資を届けられることを説明した。
 実際に被災地で活動したことがある伊藤氏だからこそ、物資運搬の難しさがリアルに伝わった。日高地方の各市町は体制が整っているだろうか。スペースさえ確保すればいいというものではなく、さまざまな課題がある。伊藤氏が主張するように民間倉庫の活用、日ごろからNPOとの連携を深める重要性もさることながら、まずは実際の物資やそれに代わるものを使った本格的な物資運搬訓練を実施し、各市町ごとの課題を洗い出すことが必要だ。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る