忘れることのできない魚

 趣味は釣り。腕前は別にして、結構キャリアは長い。物心がついた時から自宅近くを流れていた川でハイ(オイカワ)釣りを始め、以来40年以上続けていることになる。家族からは「この寒いなか、なんで釣りにいくの?」とあきれられているが、休みの日には暇さえあれば、海や川に出かけて竿を出している。
 いままでに釣った魚で、大きさには関係なく忘れることのできない魚に出会ったことが何度かある。小学生の時に友釣りで初めて釣ったアユもその1つ。いまでもその時の手ごたえや周囲の情景まで蘇ってくるほど鮮明に覚えている。アマゴもそうだ。渓流の女王と呼ばれ、パーマーク(小判型の模様)ときれいな赤い斑点があるのが特徴。川の上流域に生息しているため筆者の自宅近くではアマゴ釣りをすることができず、中学生の頃には自転車で3時間ほどかけて釣りに行った。初めて釣った時は魚体の美しさに感動した。そのアマゴの姿も、今も脳裏に焼きついている。
 しかし、そのアユやアマゴ釣りをする太公望は年々減少しているという。確かに20~30年前に日高川にアユ釣りに行くと、釣り場を確保するのが大変なほどだったが、最近は釣り人の姿がめっきりと減った。アマゴについても、20年前と比べると釣り人は半減しているという。
 今月1日、日高川のアマゴ釣りが解禁した。ことしは「手軽に釣りを楽しんでもらいたい」と日高川漁協が直前に田辺市龍神村の2カ所(龍神温泉元湯周辺と宮代キャンプ場周辺)に成魚を計4000匹放流し、釣りやすい環境を整えている。アマゴ釣りを経験したことのない読者もおられると思うが、一度挑戦してみてはどうか。心に残る1匹が釣り上げられるかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る