庁舎建設に教訓生かせ

 戦時中、徴兵や徴用で広島県の呉軍港の基地や海軍工廠で働いていた経験のある人を何人か取材したことがある。戦艦大和を建造したことで有名な呉海軍工廠をはじめ重要な軍事拠点の一つである軍港は当然、連合軍の攻撃の標的ともなった。空が真っ黒になるほどの戦闘機が飛来し、激しい爆撃や機銃掃射の雨をかいくぐって生還した御坊日高の方々も少なくない。先日、呉市を訪れる機会があり、海軍工廠の建屋がいまも残り、現在は造船会社となっている企業も見学させてもらった。72年前、ここで激しい爆撃があったのかと思うと、胸に迫るものがあった。
 その呉市、軍港の歴史から現在は臨海工業貿易港として発展しており、造船、鉄鋼、製紙、木材の大手企業が進出していて非常に活気にあふれていた。昨年ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」の舞台が呉で、市内を巡る観光客も増えている。人口約23万人のまちで、港と同じくらいインパクトがあったのが1年前に完成したばかりの市庁舎。9階建ての建物の2階には、災害が発生した場合の対策本部となる部屋があり、テレビ会議やライブカメラ映像が見られる設備が充実していた。
 呉市で危機管理といえば、土砂災害という。平野部は少なく、山の中腹まで民家が立ち並ぶ光景を見て納得した。平成26年広島市で発生した集中豪雨による土砂災害は記憶に新しい。教訓を生かしての充実した災害対策なのだと感心させられた。
 御坊市では3年後をめどに新庁舎建設に着手する方針が打ち出されている。災害対策の中枢となる施設にすることは必須で、他市や過去の教訓を確実に生かしてくれることを期待する。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る