児童文学家佐藤さとる氏を悼む

 2月9日、児童文学作家の佐藤さとる氏が亡くなった。享年88歳。筆者にとって初めて好きになった作家だった
 最初の出会いはコロボックルシリーズ。近年、人気作家有川浩が引き継いで話題となった作品である。何度も何度も暗唱できるほど読んだ。図書室で他の著作も借りた。3㌢ほどの小人が活躍したり赤ん坊がタイムスリップしたり、わくわくする世界が作品の中にはあった
 中高生の頃は離れていたが、20歳の頃、大学のサークル仲間の影響で再び手に取った。一人暮らしを許されず、奈良の吉野から京都へ毎日片道3時間かけて通っていた彼女は、合宿地の信州で深い緑や渓流を眺め「こういうの一日中でも見ていられる」と言った。それが印象に残りいろいろ話すと彼女も佐藤さとるが好きだという。文庫でたくさん出ていると教わり、久々に再会した
 大人の目で読むと、ファンタジーでありながら現実世界が確かな筆致で的確に描かれているのがよく分かった。「ジュンと秘密の友だち」では、小3の主人公が自分の小屋を作るのだが、材料を集めるところから設計図を描き作業に取り組むところまで、目に見えるように具体的に書き込まれる。両親がジュンを信頼し任せる様子、サポートすべきところはする様子も描かれ、大人こそ読むべき作品かもしれないとも思える。戦前の横須賀が舞台の「わんぱく天国」では少年達が「人が乗れる模型飛行機」を作るのだが、完成に至るまでの試行錯誤も実に詳細で胸が躍った
 現実をしっかり見つめるまなざしに強靭な想像力が加わると、生きることを楽しめる。その力を育む秘密が「お話」にはある。たくさんのお話と出会ってきたが、その初めの一歩を導いてくれた作家だった。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る