訪日外国人に観光スポットPRを

 先月28日は中国や台湾、韓国などで旧正月を祝う春節で、中華圏から休暇を利用して多くの観光客が訪れた。日本経済にとっては大きなプラス。「爆買い」という言葉も流行したほどだ。春節だけでなく年間を通じて日本に訪れる外国人は増加の一途をたどっており、2013年に1000万人を超えて1036万人となり、2014年には1341万人、2015年には1974万人と右肩上がりで推移。昨年は10月末時点で2000万人を突破した。
 旅行の仕方も変化しつつある。これまで首都圏や大阪、観光名所の京都が行き先の中心となっていたが、最近では地方にも目を向け始めているという。「もっと深く日本を知りたい」という考えから周囲を山に囲まれた静かで素朴な田舎に足を運ぶ外国人が増えているらしい。さらに政府は東京五輪が開催される2020年までに4000万人を目標としており、それが達成すれば都心部や有名な観光地だけにとどまらず、地方への増加が一層期待される。
 日高地方も例外ではないはずだ。しかし、それをただ漠然と待つだけでなく、日高地方の良さを知ってもらう必要がある。ことしの春節休暇にはみなべ町の紀州南部ロイヤルホテルに約1600人が中華圏から訪れたが、外国人たちに主な行き先を聞いてみると大半はやはり大阪や京都だった。観光については他の地域に行ってしまうことになり、外貨を獲得するという意味ではもったいない話である。しかし、どれだけの訪日観光客が当地方の豊かな自然や歴史などを認知しているかが問題。梅干し、釣鐘まんじゅう、ヤッホースポット、真妻わさびなどに興味を持つ外国人がいるかもしれない。もっとアピールしてみてはどうか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る