被災者の心に寄り添う

 マンションで暮らしている高齢女性が、先立った夫の遺影に何気ないことを話しかけていたとき、突然大きな揺れが起こった。女性は同居の家族に支えられながら外に脱出し、近隣の住民にも助けられて高台へ避難した。先日、車の運転免許更新講習を受講した際、講習の始まる前から部屋のモニターで流れていた啓発ビデオの内容である。運転免許の更新に来て地震に備える話を聞くと思っていなかったので少し驚いたが、防災意識を高めるいい取り組みだと感じた。
 免許更新のすぐあとに取材で訪ねたみなべ町の岩代小学校は、東日本大震災の被災者に児童手作りの梅干しを届けようと、3月に宮城県気仙沼市を訪問予定の紀州梅の郷救助隊に託した。救助隊の尾崎剛通隊長いわく、被災地で仮設住宅生活を送っている方々は「被災地、被災者のことが風化していくのではないのか」と不安を抱いているのが現状なのだと。あの衝撃の津波の映像は多くの人の目と記憶に焼き付いている。復興も着実に前進しているのは間違いない。しかし、元の生活を取り戻していない被災者がまだたくさんいることを、どれだけの人が関心を持ってみているかとなると、風化という言葉が出るのも少し分かる気がする。
 梅の郷救助隊は気仙沼で住民と交流する際にゲームの景品となる物品の提供を呼びかけている。尾崎隊長は、「一言でいいので手書きのメッセージを添えてほしい」と求める。被災者を元気づけるのは物ではなく人の温かみであり、心のこもった言葉であろう。人を元気づけられるのは人。心の交流を続ける梅の郷救助隊は和歌山県の誇りであり、手本。こんな活動にこそ大いに支援をお願いしたい。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る