南部梅林で梅まつりにぎわう

 見ごろを迎えているみなべ町晩稲の南部梅林で11日に梅まつりが催され、約1700人の観梅客でにぎわった。梅酒が自由に試飲できる梅酒コレクション、梅料理が振る舞われるキャンペーンなど多彩なイベントが展開され、家族連れらが咲き誇る梅の花を眺めながらのんびりと早春のひとときを楽しんだ。現在、花は7分咲き。
 梅酒コレクションには、町内で梅酒を製造している12業者から29銘柄が出展された。焼酎やブランデー、日本酒などをベースとしたさまざまな梅酒がずらりと並び、来場者らは好きな梅酒を選んで試飲。大阪府堺市の会社員、山本丈人さん(45)は「一通り味わってみた。泡盛ベースの梅酒が一番おいしかった。梅酒は居酒屋などでよく飲むが、梅林でこんなにたくさんの梅酒を味わうことができて楽しかった」、名古屋市から家族で来たという浅野清三さん(57)は「梅酒が好きで、家でも毎年漬けている。きょう試飲した梅酒はそれぞれ味の違いはあるが、全部おいしかった」と話していた。
 梅料理キャンペーンでは開始前から長蛇の列。町内の梅料理研究会が調理した梅肉の包み揚げ、梅ポテトサンド、炊き込み梅ご飯など約10品が並んだ。来場者は好きな品を皿に取り、咲き誇る梅の花を眺めながら昼食代わりに味わった。大阪市の小林加奈子さん(32)は「梅は梅干しにして食べることが多いのですが、料理に生かしてもおいしいですね。景色もいいし最高です」と笑顔を見せていた。このほか梅干し・梅製品の試食、梅ジュースづくり体験、目刺しの試食なども催され、好評だった。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る