花粉飛散は昨年の4倍

 気象情報会社「ウェザーニューズ」が、関東など1都6県の花粉シーズン入りを発表した。いまのところ寒さの影響で飛散量は多くないようだが、今後暖かくなるにつれて飛散量が増え、関西でもシーズン入りするだろう。筆者も数年前から花粉症になっており、目のかゆみや鼻のむずむずなどいまから憂鬱な気分になる。
 ことしの飛散量はどうなるのだろうか。花粉の状況は前年夏の気象条件に影響を受け、日照時間が多く気温が高い夏は、翌年春の花粉飛散量が多くなる。近畿地方の昨年夏は気温が高く日照時間が長かったため、天気予報専門サイトtenki.jpによるとスギ、ヒノキの飛散量はなんと昨年の360%と非常に高く、例年に比べても130%と高い。全国的には北海道、東北、関東甲信は昨年を下回っているが、東海から西は前年を上回っており、中でも近畿地方が最も高い。近いうちに飛散が始まり、3月ごろピークを迎えるという。
 昨年の4倍弱ということなので、ことしはかなり覚悟しておいた方がよさそうだ。症状が出始めると集中力が低下し、仕事などに影響を与える。薬を飲めばある程度、症状は抑えられるが、代わりに強い眠気が出てくる。
 対策としてはやはりマスクをしたり、専用のメガネを着用したりだが、少しでも症状を和らげるため生活習慣の見直しも必要。症状を悪化させると言われている油分、砂糖を多く含んだものやファストフードを避け、また適切な睡眠時間も重要だ。ちなみに筆者は例年、効果があると言われているヨーグルトを食べているが、食べない年と比べて症状が軽くなっている。他にもいまからできる対策はあるので、できる限りのことをして昨年4倍の花粉に備えよう。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る