観梅とイベント楽しもう

 日本一の梅どころのみなべ町で、梅の花が見ごろを迎えている。「一目百万、香り十里」で知られる南部梅林(晩稲)、「日本一の大パノラマ」の岩代大梅林では県内外から大勢の観梅客が訪れ、連日にぎわいを見せている
 梅産業の関係者にとっては、特産の南高梅をアピールするいい機会でもある。普段は大阪や東京など都心部に出向いてPRしているが、この時期に関しては梅に多少なりとも関心のある観光客が向こうから足を運んできてくれる。梅の花の良さ以外にも梅の効能、歴史や文化など現地でしか味わえることのない魅力を広く発信できるチャンス
 もちろんイベントが多いのもこの時期だ。特に2月11日は旧南部川村で定めていた梅の日で、盛りだくさんの催しが企画されている。ことしは11・12日が土日曜日ということもあり、2日間は楽しいイベントでいっぱい。11日には南部梅林で梅まつりが行われ、梅料理が無料で振る舞われるほか、町内の29銘柄の梅酒が試飲できる梅酒コレクションなどがある。岩代大梅林でもご当地アイドルのライブ、日高地方の特産市、ゆるキャラ集合などが催される。12日にも高校生の梅料理コンテスト「UME―1グルメ甲子園」、最高で賞金30万円(大人の部)がゲットできる「やにこいフェスタ~梅干しの種とばし」、軽トラ市やシルバー人材センターの物産展などとイベントが目白押しだ。このほか、今月は全国ウメ生産者女性サミット(20、21日)、小学生バレーボール大会(25、26日)なども開催される
 11日、12日の天候が心配されるが、ぜひ家族で観梅がてら訪れ、早春のイベントを楽しんでみてはいかがだろうか。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る