観梅とイベント楽しもう

 日本一の梅どころのみなべ町で、梅の花が見ごろを迎えている。「一目百万、香り十里」で知られる南部梅林(晩稲)、「日本一の大パノラマ」の岩代大梅林では県内外から大勢の観梅客が訪れ、連日にぎわいを見せている
 梅産業の関係者にとっては、特産の南高梅をアピールするいい機会でもある。普段は大阪や東京など都心部に出向いてPRしているが、この時期に関しては梅に多少なりとも関心のある観光客が向こうから足を運んできてくれる。梅の花の良さ以外にも梅の効能、歴史や文化など現地でしか味わえることのない魅力を広く発信できるチャンス
 もちろんイベントが多いのもこの時期だ。特に2月11日は旧南部川村で定めていた梅の日で、盛りだくさんの催しが企画されている。ことしは11・12日が土日曜日ということもあり、2日間は楽しいイベントでいっぱい。11日には南部梅林で梅まつりが行われ、梅料理が無料で振る舞われるほか、町内の29銘柄の梅酒が試飲できる梅酒コレクションなどがある。岩代大梅林でもご当地アイドルのライブ、日高地方の特産市、ゆるキャラ集合などが催される。12日にも高校生の梅料理コンテスト「UME―1グルメ甲子園」、最高で賞金30万円(大人の部)がゲットできる「やにこいフェスタ~梅干しの種とばし」、軽トラ市やシルバー人材センターの物産展などとイベントが目白押しだ。このほか、今月は全国ウメ生産者女性サミット(20、21日)、小学生バレーボール大会(25、26日)なども開催される
 11日、12日の天候が心配されるが、ぜひ家族で観梅がてら訪れ、早春のイベントを楽しんでみてはいかがだろうか。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る