和歌山で津波サミットを

 印南町印南にある印定寺には、宝永4年(1707年)に発生した宝永南海地震の記憶を後世に伝えるために建てられた高波溺死霊魂之墓碑が残されている。現代語に訳すと「宝永4年10月4日午後0時半ごろ大地震があり、山が崩れ、地が裂けた。午後1時半ごろ、でこぼことした津波が海から揚がってきた。家の財産や牛馬はもちろんのこと、老いた人や若い人、男や女もおぼれてなくなった人は170人を超えるぐらいである。津波を経験した人も話を聞いただけの人も、どれほど深い悲しみを持っているだろうか」。当時の惨状が想像できる。先日全戸配布された小冊子「災害の記録を未来に伝えるⅢ」(県立博物館施設活性化事業実行委員会発行)に全文が掲載されていた。
 この巨大地震・津波から300年余り経ったいまでも、我々はやはりいつ来るか分からない自然災害と向き合い、被害を最小限にとどめる方法を考え続けている。とくに6年前の東日本大震災以降、子どものうちから防災教育を徹底することの必要性が高まり、小・中・高校での取り組みが進んでいるのは歓迎すべきこと。大人よりも子どもたちの方が命の守り方を理解しているといっても過言ではない。若き防災リーダーの育成が進んでいることは胸を張れる。
 昨年高知県で初めて開催された世界津波の日高高生サミットは、いまや津波対策は世界的に広がっていることを感じさせた。高校生たちの熱意は世界を動かすだろうと頼もしくも感じた。第2回となることしは沖縄県で開催される予定だ。防災先進県となるべき和歌山県での開催はいつになるのか、300年前に記録を残した先人たちもきっと心待ちにしているに違いない。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る