ぞうさん きれいになったよ

 由良町門前区(岡紀行区長)が、毎年5月5日に興国寺で行われる「花まつり」に登場する白象のモニュメントを新調した。関係者によると詳しい記録はないが、以前の白象は50年以上前から使われており、老朽化が進んでいた。同区では花まつり用のハッピ50着も新たに作り、「まつりが盛大になり、地域住民の交流が一層深まれば」と期待している。
 昨年まで使っていた白象のモニュメントは、竹で骨組みを作って紙を張って製作し、山車(だんじり)の上に設置。紙を貼り替えるなどで修繕を繰り返してきたが、長年の歳月を経て損傷がひどくなっていた。新調した白象も以前とほぼ同じ大きさで高さは約2㍍。発泡スチロールとFRP(強化プラスチック)樹脂を使って丈夫に仕上げ、塗装している。また、象の背中には、前の白象にはなかった釈迦像を安置。白象を乗せる山車も修繕した。新調したハッピには、興国寺の寺紋である「笹竜胆(ささりんどう)」のマークを入れた。全体の事業費は約240万円で、宝くじコミュニティー助成事業を活用した。
 岡区長は「昔は子どもが多く、白象の背中に乗る子どももいたぐらいで、私自身もその思い出があります。近年、地元の子どもの数は減ってきていますが、白象の新調を機会に、さらに地域のコミュニティーが発展し、地域住民と興国寺のつながりも深まってほしい」と期待。また、「ことしは多くの稚児さんに参加してもらいたい。地元に住んでいる子どもさんだけではなく、外孫でも大歓迎」と呼びかけている。
 花まつりは、釈迦の生誕を祝う恒例行事。地元の子どもらが白象の山車に乗り込み、大人たちが引っ張って興国寺の参道を上がっていく。白象は、釈迦の母親がある夜、白い象が天から降りて右脇から体内に入る夢を見て、その後釈迦が生まれたことに由来する。花まつり当日は、子ども姿の釈迦の像に甘茶をかけるが、これは釈迦が生まれた時、9匹の龍が現れ「甘露の雨を降り注いだ」という伝説に基づいている。

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る