マスク着用にもマナー

 インフルエンザに食中毒、花粉症、ほかにも黄砂やPМ2・5などがあり、ここ数年、取材先の役場やイベント会場などでマスクを着用する人を多く見かける。
 先日、中学校のクラブ活動の様子を見た時に、大半の生徒がマスクをしていたのには驚いた。マスクをしていると、結構息苦しいと思うが、それ以上にやはり感染予防が重要なのである。そんな筆者も年末に肺炎にかかって以降、マスクを着用。花粉症の症状もあるので、しばらくマスクは欠かせない。
 ところが、マスクをしていて思うのは、人と話をする時など、顔が隠れているので失礼ではないかということ。そこでマスク着用について調べてみた。するとビジネスマナーとしては、社外の人と会ったり、上司と打ち合わせしたりする時は外すべき。そもそも、かぜを引いてマスクをしていること自体、「自己の体調管理ができていない」ということで、ビジネス面ではマイナスイメージ。しかし、記者と言えば外へ出て人と会う機会が多いので、それだけ病気のウイルスや菌をもらう可能性が高いし、逆にもし自分が感染性の病気ならウイルスや菌をばらまくことにもなる。それでもマスクを外せというのだろうか。
 いやいや、そんな〝歩くバイオテロ兵器〟になってしまうのは、当然よくない。ならばどうすればよいのか。どうしてもマスクを着けなければならない場合は、「病気がうつると悪いので」などと、相手にひと声掛けるのがマナーらしい。そうすればマスクのマイナスイメージが一転、周囲に配慮できる気遣いを持った人として好印象を与えることも可能だそうだ。マナーあるマスクの着用を! (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る