各地で節分行事にぎわう

 節分の日の3日、日高地方の各地で関連行事が行われ、無病息災や子どもたちの健やかな成長を願った。御坊市のわかば保育園、美浜町のひまわりこども園、日高町の内原保育所では、いずれも鬼役が登場し、園児たちが「鬼は~外、福は~内」と元気いっぱいに豆まきを楽しんだ。ことしの恵方は「北北西」となっており、各家庭ではその方角に向かって巻きずしを食べ、縁起を担ぐ姿も見られた。
 わかば保育園 地域のお年寄りらを招いて行った。「鬼のパンツ」などの歌をうたったあと、5歳児が自分たちで作った鬼の面をかぶって勢いよく登場。4歳児以下の園児たちは鬼の登場に驚きながらも、「鬼は外」と声を上げて豆をぶつけた。5歳児のちびっこ鬼が退散した後は、保育士らが扮した鬼が登場。迫力の姿に園児たちは泣いたり、逃げ回ったりして大慌て。お年寄りたちは元気いっぱいの園児に目を細めていた。この日は職業体験で箕島高校1年生3人も参加した。
 ひまわりこども園 園のホールなどで豆まきを行った。毎年職員が鬼役を担うが、今回は町商工会青年部(田渕大吾部長)が担当。3歳以上の園児たちはホールで豆に似せた新聞紙を果敢に鬼にぶつけていた。鬼がホールから未就学児のクラスへ移動すると、あまりの迫力に泣いてしまう子が続出。付き添いに来ていた保護者は鬼と驚くわが子の姿をカメラに収め、目を細めていた。
 内原保育所 最初に商工会青年部の早稲田伊織部長が「ことしの鬼はパワーアップしています。みんなの元気な力で追い払ってください」とあいさつ。このあと、同部メンバーが扮した赤、青、黒鬼が登場。ことしはお面の部分を作り直したことでより一層迫力があったのか、園児たちは「きゃ~」「やばい~」と逃げ回り、泣き出す子も。それでも〝勇敢〟に鬼に向かって豆を投げていた。しばらくすると町のゆるキャラ「クエ太郎&クーコ」が登場して鬼たちを追い払うと、園児たちは大喜びだった。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る