子どもたちの心のケアも

 小学校、中学校と昼食は弁当だったので、学校給食というものを経験していない。給食を食べていた人の話やテレビなどでは「欠席者のプリンをジャンケンで取りあった」や「カレーのルーが全員にいきわたらない」、三角の牛乳パックや〝ソフト麺〟というものもあるらしく、「給食あるある」として盛り上がっている様子を見かける。そんな楽しい思い出になるはずの給食が、今回の御坊市の食中毒を引き起こした。
 幼稚園と小中学校の発症者数は当初633人だったが調査が進む中、804人まで増加。1日現在で13人まで減少したが、現在も家族らへの2次感染(疑い)があり、終息にはしばらくかかりそうだ。
 発症者がいずれも給食センターの給食を食べ、複数人の便からノロウイルスが検出されたことにより、給食センターの給食が原因のノロウイルスと断定された。その後の調査で、25日分の給食の「磯和え」からノロウイルスが検出された。
 発症者によると26日の夜を中心に突然抑えきれない嘔吐感に襲われ、トイレに駆け込んだという。中には大勢がいる前で嘔吐したという子どももおり、思春期の心に傷を残したかもしれず、またそれによる2次感染の可能性も心配しただろう。
 食中毒による影響は市内全体に及び、周辺町の人の中には、市内のスーパーの食材にも感染者のウイルスの付着を心配する声も。過剰ではあるが、多くの人が感じたことだろう。市内の子どもたちの中には発症者でなくとも敬遠されたり、2次感染の原因とされるなどで傷つく思いをした子もいるだろう。
 今後、感染源を突き止め再発防止につなげるとともに、子どもたちの心のケアにも力を入れてもらいたい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る