子どもたちの心のケアも

 小学校、中学校と昼食は弁当だったので、学校給食というものを経験していない。給食を食べていた人の話やテレビなどでは「欠席者のプリンをジャンケンで取りあった」や「カレーのルーが全員にいきわたらない」、三角の牛乳パックや〝ソフト麺〟というものもあるらしく、「給食あるある」として盛り上がっている様子を見かける。そんな楽しい思い出になるはずの給食が、今回の御坊市の食中毒を引き起こした。
 幼稚園と小中学校の発症者数は当初633人だったが調査が進む中、804人まで増加。1日現在で13人まで減少したが、現在も家族らへの2次感染(疑い)があり、終息にはしばらくかかりそうだ。
 発症者がいずれも給食センターの給食を食べ、複数人の便からノロウイルスが検出されたことにより、給食センターの給食が原因のノロウイルスと断定された。その後の調査で、25日分の給食の「磯和え」からノロウイルスが検出された。
 発症者によると26日の夜を中心に突然抑えきれない嘔吐感に襲われ、トイレに駆け込んだという。中には大勢がいる前で嘔吐したという子どももおり、思春期の心に傷を残したかもしれず、またそれによる2次感染の可能性も心配しただろう。
 食中毒による影響は市内全体に及び、周辺町の人の中には、市内のスーパーの食材にも感染者のウイルスの付着を心配する声も。過剰ではあるが、多くの人が感じたことだろう。市内の子どもたちの中には発症者でなくとも敬遠されたり、2次感染の原因とされるなどで傷つく思いをした子もいるだろう。
 今後、感染源を突き止め再発防止につなげるとともに、子どもたちの心のケアにも力を入れてもらいたい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る