日高振興局で「イクボス」セミナー

 仕事と家庭生活の両立に理解のある上司「イクボス」の養成セミナーが30日、御坊市の日高振興局で開かれ、市内外の企業の経営者や人事担当者ら約30人が参加した。
 県や和歌山労働局、県商工会議所連合会などでつくる「わかやま女性の活躍促進連携会議」が主催し、NPO法人ファザーリング・ジャパン関西理事長の篠田厚志さんが講師を務めた。
 篠田さんはイクボスが必要になった社会背景として、少子高齢化により労働人口が減少し、親の介護などで働く時間が制限される制約社員が増えてきたことなどを説明。組織のなかでは、育児・介護休暇が制度として存在しても周囲に気を使って思うように利用できない、上司や同僚の理解が
得られず、誰にも相談できないといった問題が起こっていることを指摘した。
 参加者には「組織として福利厚生を整えることは大切だが、まずは社員が育児・介護休暇をとることを否定されない、会社は自分の事情を分かってくれると感じる雰囲気をつくることが重要。そのためには、上司は部下が積極的に自分の内情を打ち明けてくれる信頼関係をつくらなければならない」と呼びかけた。

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る