御坊市民教養講座 東儀さんが雅楽語る

 平成28年度第6回市民教養講座は28日に御坊市民文化会館大ホールで開講。今回が最終回で、雅楽師の東儀秀樹さんが「雅楽の秘められた力と可能性」をテーマに語った。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の音色を聴かせる場面もあり、観客は目を輝かせて聞き入っていた。
 東儀さんは「雅楽は1400年前に大陸から渡ってきて、以来ずっと変わらずに今まで続いている。そんなに昔のことというのは、学者が発掘し、多分こうであっただろうと推測されるのが普通だが、雅楽だけは『こうなんです』と自信を持って示すことができる」と、古代からそのままの形で伝えられてきた雅楽の価値を説明。天から降り注ぐ光を表現しており「天」を象徴する笙、人がうたう時の声を表現し「地」を象徴する篳篥、天と地を自由に行き交う龍を表し「空間」を象徴する龍笛と基本の楽器3種を紹介し、「合奏は天・地・空を合わせる、つまり宇宙を創ること。それぞれ西洋楽器のルーツでもあり、雅楽を守っていくことは地球上の音楽文化のルーツを守ることでもある。そんなとても重要なことを日本人はやっている」と話した。
 「東京五輪へ向けて英語教育が奨励されているが、外国人が日本人に求めているのは語学力ではなく、真の日本文化について教わること。知っていれば胸を張って『日本にはこういうものがある』と紹介できる。小学生から英語を勉強するような時間があるなら、お茶をたてたり、花を生けたりした方がよほど有意義」と訴えた。「タイの山奥で大きな象と出くわしたことがありました。笙を吹いて聴かせると象はのそのそとやってきて鼻で笙をなでるようにしながら聴いていて、吹き終えると『もっと』と催促するように鼻で笙を下から持ち上げてきた。不思議に怖さはまったく感じず、自然と一体になる音を実現できたようでとてもうれしかった」というエピソードも紹介。世界の楽曲を雅楽楽器で奏でたCDを出していることに触れ、「音楽は人種も国籍も超えて分かち合うことができるもの」と訴えた。
 講演中にホルストの「ジュピター」、日本歌曲「浜辺の歌」、オペラ「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」の3曲を演奏。歴史ある楽器の大きな広がりと深みを感じさせる音色に、観客はうっとりと聞き入っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る