御坊リサイクルセンター 竣工祝賀会

 大栄環境㈱(和泉市)が御坊市塩屋町南塩屋の森岡地区に建設していた産業廃棄物のリサイクル施設と県内初の民間管理型最終処分場「御坊リサイクルセンター」の内覧会と竣工祝賀会が27日、現地で行われた。最終処分場は県内最大の埋め立て容量を誇り、順調に進めば2月中にも操業を開始する。同社の金子文雄社長は「御坊、和歌山になくてはならない施設にしていく」と決意を示した。
 来賓や地域住民、工事関係者ら約150人が出席。完成した中間処理施設と最終処分場を見学し、処理能力や安全性の説明を受けた。正午からは施設内で竣工祝賀会が開かれ、金子社長は「大栄環境として20カ所目の事業拠点が完成できたのも、地元森岡地区をはじめとする多くの皆さんの理解と協力のおかげ」と感謝し、「皆さんの恩に報いるため確実に事業を実施し、『触れ合い、感謝、オープン』をモットーに御坊、和歌山にとってなくてはならない施設になるよう頑張る」と力を込めた。来賓の仁坂吉伸知事は「立派な施設ができて、これから地域の役に立っていくことを考えると感無量」、御坊市の柏木征夫市長も「地元の協力と、建設に当たって地域の不安に対する大栄環境の対応に感謝します。今後も力添えをお願いします」と祝辞を述べた。
 施設は平成18年5月に地元森岡区が誘致決議を行い、19年10月から行政手続きを開始。25年3月に事業許可が下り、平成26年11月に着工。2年余りかけて完成した。リサイクル施設は、廃プラスチック、紙くず、金属くず、ガラスくずなど8種類を受け入れ、再資源化する。リサイクルが困難な廃棄物は管理型最終処分場に埋める。面積は6万5423平方㍍、容量は137万5441立方㍍で県内最大となる。最終処分場は5重構造の遮水シートや漏水検知システムを導入しており、雨水の調整池も整備し万全の安全性を確保している。処分場は約15年で満杯になる予定となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る